ブログ

靴のお手入れアニリンカーフ・クリームとクリーム・ナチュラーレ

アニリンカーフ・クリームとクリーム・ナチュラーレ

こんにちは!西野です。

年が明けたと思いきやもう1月の中旬も近いという時間の流れの速さ。
デパ地下などでは早くもバレンタインの案内が出ていて驚きました。
それが終わるとスグひな祭り、GWと来るんだろうなあ・・・
そうするとあっという間に年後半に突入。

忙しいのもいいことではありますが、
もうすこしマイペースで、のんびり行きたいですね。

一説によると時間の流れは年々少しづつ早まっていると
いう方もいらっしゃるとのことですが・・・

たしかタイムウェーブ・ゼロ理論でしたでしょうか?
多少オカルトめいた話なのですが、

例えば、新しいカルチャーや新技術、スポーツなどの記録が塗り替えられるまで
の時間、流行やファッションのサイクルなどが、だんだん間隔が縮まっている
ような感じではありますが、本当に時間の進むサイクルが速まっているとのこと。

でもネットなどの普及によって情報の拡散するスピードが人間の
体感時間を変化させているのは間違いないでしょうね。

さて、本日はゆっくりと靴のケアのお話でも・・・

 

アニリンカーフ・クリームを使う

アニリンカーフ・クリーム
この名前を聞いたことの有る方は多少なりとも
靴や革製品のケアにご興味がある方ではないかと思います。

アニリンカーフ・クリームは無色(ニュートラル)の靴クリームの一種で、
まずは通常のニュートラル・クリームやデリケートクリームとの
違いについて簡単に書きます。

それぞれの違いはクリームに含まれるWAX成分、油分、水分の配合量の
違いが上げられます。
デリケート・クリームが最も油分、WAX成分の配合量が少なく、
皮革の繊維に油分が定着することがほとんどなく、さっぱりと仕上がります。
マット(つやなし)仕上げのデリケートな革のお手入れにはこちらを使います。

そしてアニリンカーフ・クリームですが、こちらはデリケート・クリームに比べ、
革の表面を保護するWAX成分が少し入っています。
もちろんデリケートな革向けのクリームではあるのですが、
デリケート・レザーでも、すこしツヤのあるものには、このクリームで
革の表面にヴェールを作るように使います。

アニリンカーフ・クリームとクリーム・ナチュラーレ

スチュアートワイツマン のパンプス
修理としては底にハーフソールを張ってあります。

洋ドラマ
SEX AND THE CITYを思い浮かべてしまいますね。
フロントのゴールドメタルもゴージャスです。

本当におしゃれなパンプスがお好きな方御用達の靴ですね。

 

色の淡い春物のパンプス。
そのようなレザーにはほとんどクリーナーなどは使えませんので、
このクリームで最初に保護しておけば、再度クリームを使うときには
汚れを落としながら、さらに保革を行なえるという利点があります。

もともとアニリン染の革靴とは、革をうすい色の染料で染めた後に、
タンパク質を使った仕上げ剤を使い、革質本来の表情をそのまま
生かした仕上げをしています。

また古典的なグレジング(磨き摩擦)を施すことでツヤを出す仕上げ
方法であるものが多く、革表面は水滴などのシミ、汚れに弱く、デリケートです。

なのでおろしたてのこのような靴にはアニリンカーフ・クリームや良質の
ニュートラル・シュークリームは必須のものでしょう。

アニリンカーフ・クリームとクリーム・ナチュラーレ

右上;M.Mowbray アニリンカーフ・クリーム
左上;M.Mowbray クリーム・ナチュラーレ
下;ミニ・ホースヘア・ブラシ

アニリンカーフ・クリームとクリーム・ナチュラーレ

真っ白なウエスに少量クリームを取り、靴全体に点々と塗っていきます。

アニリンカーフ・クリームとクリーム・ナチュラーレ アニリンカーフ・クリームとクリーム・ナチュラーレ

そのあと白布をそのまま使ってクリームを靴になじませて延ばしていきます。

ひととおりクリームが行き渡ったらコバ(ソールのサイド部分)
も丹念にクリームを塗りましょう。

アニリンカーフ・クリームとクリーム・ナチュラーレ

このとき、クリームを少し大目に・・・

ここにクリームを浸透させておくと雨ジミなどにも強くなります。

最後にホースヘア(毛先がやわらかいもの)でブラッシングして整えます。
この手の靴は雨などの汚れがもっとも天敵となりますので、
履きおろす前にひととおりのケアをしておくのがいいでしょう。

アニリンカーフ・クリームとクリーム・ナチュラーレ

最後もうひとつ。
2~3回履いたらはじめのうちはこのケアを繰り返してください。

じょじょに革が強くなっていくことが実感できます。
コバ(ソールのサイド部分)
も丹念にクリームを塗りましょう!

アニリンカーフ・クリームとクリーム・ナチュラーレ

クリーム・ナチュラーレは有機溶媒などのある意味有害な成分がまったく
含まれていませんので、こちらも安心してデリケートな革にもご使用になれます。

使い方は同じです。
天然成分ほぼ100%なので、いろいろな革製品に適しています。

本日は以上!
アニリンカーフ・クリームも使い方指南でした。

 

関連記事

最近の記事

山の手緋色舘の宅配修理

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る