ブログ

40周年記念デザートトレックなどのソール交換

40周年記念デザートトレックのクレープソール交換

こんにちは!
緋色舘の西野です。

お盆を過ぎてもまだまだ暑い日が続きますね~と
先日関東圏のお客様と電話でお話していますと、

「こちらは雨ばっかりですよ~」

と、伺いました。。。

神戸はまだまだ猛暑といっていいぐらいに暑いですね。^^;
私は8月の頭から体調がすこぶる悪く(最近やっと通常モードにもどりつつあります)
残暑がキビシイのは堪えます(笑)

いろいろありますねえ、いろんなことがねっ!
ということで
本日は短めモードの記事で・・・(ぉい

40周年記念限定デザートトレックの修理

40周年記念デザートトレックのクレープソール交換

記念限定発売のトレックです。
何度か修理致しましたが、従来品に比べややノーズが長めで、アウトソールには軽くなるようにスポンジがインしてあったりします。
何色か色目も展開があったようで、定番品にはない、少し捻ったカラーをつかっていますね。
といってもトレックの特徴的なところはやはり基本に忠実に作ってあると思います。
インソールには40thの文字が・・・

40周年記念デザートトレックのクレープソール交換

仕上がりフロントです。
もちろん手縫い仕上げですが、底縫い糸にはアッシュブラウンを使いました。

40周年記念デザートトレックのクレープソール交換

緋色舘で使っているクラークスの手縫い糸は
濃いブラウン系ではダーク(黒に近い茶)ミディアム(中間色の茶)アッシュ(灰色と茶が混じったような色)の三種。
他にはキナリ(白)黒、ライトブラウン系などなどがあります。
(ちなみに↑の画像のトレックは定番モデルのもの)

この中で一番万能系なのが今回使用したアッシュ・ブラウンです。
ラフスエードからスムースまで、いろいろな色のクラークスに不思議と違和感なく、とくに自己主張せず馴染んでくれます。

40周年記念デザートトレックのクレープソール交換

全体像を見るとやはりノーズ長めなのがわかりますね。

こちらのオーナー様曰く、「この形が私の足に一番合う」とのことでした。

定番モデルより少しライトな履き心地なんだろうなあと、思いました!

さて、ではもう少しクラークスの他のモデルも見てみましょう。

オールドクラークスや人気のラガーモデル

40周年記念デザートトレックのクレープソール交換

こちらは形はデザートブーツ的ですが、なにか違いますね。。。
お客様にお聞きしたところ、○○年前に神戸の高架下商店街でお求めになられたもののようです。
寸が詰まった形で丸く、ぽってりしてかわいい感じですね。

40周年記念デザートトレックのクレープソール交換

こちらも不動の人気モデル、『ラガー』です。かっこいいです!
最近あまり町で見かけなくなっていますのでこれらのモデルも希少価値がありそうですね。
街歩きにはよい靴だなと思います。
それにしてもこの素材にはいつも悩まされます。スエードなのか、表革なのか・・・(笑)

40周年記念デザートトレックのクレープソール交換

さて、最後はアメリカで展開しているクラークスのモデルだそうです。
いわゆるライトタイプの靴ですね。
ソールがあまりにも薄く、頼りない感じとオーナー様がおっしゃっておりましたので、ガムライト仕様に致しました。
まあ、たぶんビーチなどでスリッパのように使うタイプの靴だったのかもしれません。
ちょっとヒールまわりもがっしりさせて、タウンユースでガンガン歩いても大丈夫なように仕上げました。

以上のようにクラークスは定番のデザートブーツやワラビーなど以外のものも修理できますので、お気軽にご相談ください。

では本日はこれまでです!
40周年記念デザートトレックのソール交換でした!

関連記事

最近の記事

山の手緋色舘の宅配修理

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る