ブログ

真夏の緋色舘~今年の夏の修理からのご紹介~

真夏の緋色舘~今年の夏の修理からのご紹介~

こんにちは!
緋色舘の西野です。

またもや久しぶりの更新となってしまいました。^^;

「ボーっと生きてんじゃねーよ!」

と、チコちゃんに叱られそうですが(笑

暑くて暑くて・・・夏は苦手です。なんとか宅配修理も再開出来ましたので、またよろしくお願いいたします。m(_ _)m
クラークスをご依頼のお客様には大変お待たせをしております。順次進めておりますので、今しばらくお待ちください。

さて、酷暑の緋色舘、いつも常連様に助けられながら歩んでおります。
本日は感謝の意味をこめて、その一部のアイテムをご紹介!
あんまり画像も撮っていないので、ほんの一部だけサクっと行っときます。

真夏の緋色舘~今年の夏の修理からのご紹介~

夏の定番、ホワイトバックスです。オールデン。
ハーフソールはvibramのシモンソール+スティールで最強の組み合わせ。
本ソールはオイルドアップ仕様なので装着には一工夫が必要です。そしてスティールもオールデンは装着時に
ちょっとフラットに叩いて形を変えて付けます。他にもサントーニのダブルソールなどもこういう方法で金具を付けます。

夏はシロ靴が増えますね。

真夏の緋色舘~今年の夏の修理からのご紹介~

こちらも夏らしいメッシュや白靴など。
vibram ガンマソールとExp’ソールです。
どちらも張ってもソールが重たくならないので夏の軽い靴のソール保護には欠かせません。

真夏の緋色舘~今年の夏の修理からのご紹介~

ジミーチュウのウエッジパンプス。
もうなにも言うことがないぐらいの美しさですね。これは秋も使えそうなデザイン。

真夏の緋色舘~今年の夏の修理からのご紹介~

クリスチャン・ルブタンのサンダル。
レッドソール(ボルドー)で違和感ないようにソール補強。
色だけではなく、ガンマソールの薄さで雰囲気を壊しません。

真夏の緋色舘~今年の夏の修理からのご紹介~

画像ではわかりませんが全てヒール修理(ダイナイトヒールなど)です。
このラインナップ(チーニーやJS.マーフィーなど)
フルブローグ、セミブローグ、外羽根プレーントゥと、改めて眺めると壮観ですね。英国的な香りがします。
本当に靴がお好きな方はこういうセレクトしているもんです。
もっともイタリア的がいいか、純英国的がいいかは意見が分かれそうな気もします。(笑)

真夏の緋色舘~今年の夏の修理からのご紹介~
真夏の緋色舘~今年の夏の修理からのご紹介~

シャネル。
早くも秋冬物だったりします。
いや~真夏にツイードとか見て驚きました。(笑

「もう秋物?」

「いや、今買っておかないと一瞬で無くなるし~」

ということだそうです。^^;
さすがに本当のハイブランドの季節ものは点数が限られますね。

真夏の緋色舘~今年の夏の修理からのご紹介~

そしてこちらも秋以降に活躍するであろうラッセルモカシンのブーツ。
vibram#2668ソール(ハイデルベルグソール)の御指名を受けての登場です!
オーナー様いわく

「めっちゃ、履き易い!ええ感じになったわ~」

今回はアウトソールのみの交換です。クラークスにもなかなか合いますが、
ラッセルにもこの流線型ウエッジソールはオススメです。

真夏の緋色舘~今年の夏の修理からのご紹介~

ビルケンシュトック。定番のオールソール交換。
最近は純正ソールがやや手に入りにくくなったりしていますが、こちらはvibram製。
デザインもほとんど同じですし、素材としてはこちらの方が強く、たくましいのでオススメです。

真夏の緋色舘~今年の夏の修理からのご紹介~

続いてBag修理。
こちらはストラップの作り直し。もともとは縫い目が入ってないものですが
二枚の革を合わせて作ります。

真夏の緋色舘~今年の夏の修理からのご紹介~

カバンに装着したらこんな感じ。夏はトートの出番が多いので季節前にちゃんと間に合わせられて良かったです。

真夏の緋色舘~今年の夏の修理からのご紹介~

コーチブテックのBag
これもハンドル部分の作り直し。
赤と言ってもイロイロですが、なるべく近い色で良い革を使用して作りました。

真夏の緋色舘~今年の夏の修理からのご紹介~

クラークスのソール交換。ダブルステッチです。(vibram#2060ソール仕様)
クラークスについてはまた別途特集いたしますのでその時に詳しくお伝えいたします。

真夏の緋色舘~今年の夏の修理からのご紹介~

そして緋色舘の乗馬ブーツ修理。
5~6月はもう狭い店内が長靴に埋め尽くされました。(笑
これについてもまた特集でご紹介します。

では本日は以上です!

山の手緋色舘の夏修理でした。
8月もよろしくお願い致します!!

〒658-0051
神戸市東灘区住吉本町1丁目3-12
中野ビル1F南号室
tel,fax 078-857-1721
営業時間 AM9:00~PM6:30

毎週水曜および第三木曜定休日
e-mail:yamanote@hiirokan.com

関連記事

最近の記事

山の手緋色舘の宅配修理

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る