ブログ

靴の寿命が飛躍的にのびる楽しいハーフソールのチョイス(1)

ハーフソール

こんにちは。西野です。
いや~、また台風の襲来で天気大荒れですね。

気温は大気と海水の循環で自然が
うまく調整してくれているわけですが、
この台風も熱い空気を寒い地方に
運んでやる役割を持っているわけで・・・

いわば必要なものなのですが、
防災的にはいろいろと気を配っておきたいですね。

 

ハーフソールのお話

さて、本日は靴が雨にも強くなる修理、ハーフソールについて。

当店では定番レザーソールのパンプスなどには
イチにも二にもこのハーフソール修理をお勧めしております。

だいたい以下のようなメリットがあります。

1)雨、高温多湿に強くなる。
2)滑らず、路面を歩きやすくなる
3)ソールの傷みを事前にハーフソールで

プロテクトすることで、靴そのものの寿命が飛躍的にのびる

もともと革製のものにラバーを張るのは
抵抗があるというお客様もおられると思いますが、
とくに(3)はレディースには無視できないほどの効果がありますので、
お手入れをして長く履き続けていきたいと思われる靴には是非お試しください。

その昔・・・ハーフソールにはあまりチョイスの幅がなく、
貼ると軽いレザーソールの靴が重くなる、ソールの雰囲気が
なんかダサくなる、返りが悪くなる・・・

などといったデメリットが言われている頃がありましたが、
今はチョイスできる素材の幅も増えましたし、いろいろ靴に
あわせてハーフソールを選んでみるのもまた楽しいですよ。

では、ハーフソールにはどのような種類があり、
何を基準に選べばいいのでしょう?

ポイントは 1)色 2)デザインと厚み 3)強さ
この三つのポイントを靴の用途に合わせて選べば
間違いはないと思います。

ハーフソール

シャネルの定番バレエシューズ

底色とコバ(ソールのへり)が同色のベージュなので、
ベージュ色のハーフソールを。
コバの厚みが薄く、バレエシューズの命であるソールの
屈曲性の良さを損なわない極薄の1mmソールをチョイス。
このような靴に2mmぐらいの黒のハーフラバーを張ると
見た目からして重たくなります。
viburam ガンマソール(ベージュ)1,900yen(税込み)

ハーフソール

同じくシャネルのキャップ・トゥ・パンプス。
黒に銀の小さめのエンブレムで、落ち着いたシックな靴です。

使用したハーフソールはクロコダイル模様の
vibram エクスプローション・ソール 1,900yen(税込み)

非常にタフで滑りにくいのが特徴。
シャネルの薄い造りのソールにもキレイになじみます。
レギュラーのラバー素材の倍以上の強度があるのに、履き心地も軽いんです。

ハーフソール

プラダのシルバーサンダル
ストラップのバックルも大きめでプラダならではの存在感がありますね。
底色はピンクベージュ。これもプラダの最近の定番色。
これに最も良く合う色のハーフソールとしては同じくイタリア製の

バレリーナ・ハーフソール(ベージュ) 1,700yen(税抜)

いわゆるレギュラー素材のハーフラバーですが、ラテックス配合で
しなやかで滑りにくく、シンプルでゴムの温かみのあるソールです。

次回もレディースのハーフソールを特集!
TPOにあわせた色使いなどをご紹介します。

 

関連記事

最近の記事

山の手緋色舘の宅配修理

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る