ブログ

シャネル、フェラガモのパンプス・レザー・オールソール交換

オールソール交換

西野です!
本日が本年度最後のブログ更新になります。
七福神
今年も店舗ご利用、ブログご愛読などありがとうございました。

また来年も、一層の努力を持ってお客様に
おこたえしていきたいと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

 

尚12月31日~1月3日までお正月休みをいただきます。

 

レディス・パンプスのオールソール交換

さて、本日はレディス・パンプスのソール交換をご紹介。

まずはフェラガモのエナメルパンプス

オールソール交換

いきなり仕上がり画像に近いですが、左はほぼ出来上がり。
右はカップ状に作ったレザーのソールを装着し、色を入れたところ。
レザーソールは水に漬けてやわらかくしたあと、
靴の底に沿うようにかたどります。

オールソール交換

もともとウレタン製のソールがついていたのですが、
ご覧のようにソールに亀裂が入って剥げ落ちた状態でした。
レザーソールでいったんオールソール交換して、
接地面に切り込みを入れ、ハーフラバーを張ります。

オールソール交換

これで出来上がり。
1mm厚のラバーで薄めなソールを形成してあります。

続いてシャネル。

オールソール交換

シャネルのパンプスといえばこのようなハーフソールや
ヒールのリフト交換が多いのですが・・・

 

シャネルのローヒール

オールソール交換

こちらはラグソールで出来た底を持つローヒール。
シャネル特有の高級感のあるカジュアルですね。

よく見るとつま先が欠けています。
実はその部分だけにダメージがあるわけではなく、
全体的にソールが分解しかかっています。
これはもうソール交換しかないのですが・・・同じようなソールはないですし、
いったんレザーでソールを作って、ハーフソールすべり止めをつけます。

オールソール交換

3mmのレザーでソールを打ち直して、前半分に底縫いをかけます。
ウェスト(土踏まず)部分には強固なタックス(釘)が
入っていますのでこのような形。
このあとvibramソール+ヒールで仕上げます。

オールソール交換

コバはチョコレートブラウンで

オールソール交換

これで完了。

低めのヒールがいい感じです。

レザーソールにするメリットは、軽くて屈曲性もいいですし
通気性もあるので軽快な歩行が出来ます。
ハーフラバーとのコンビで滑りませんし、この形は理想的だと思います。

なにより経年劣化しにくい素材ですので、長持ちして履いて
いただけるというのもいいところですね。

以上、レディス・パンプスのソール交換をご紹介しました!

良いお年を!

 

関連記事

最近の記事

山の手緋色舘の宅配修理

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る