ブログ

ブランドバッグのショルダーが切れても大丈夫!カバン修理の実際

ショルダーバッグ修理

西野です。

本日より三回程度に分けてカバン修理の
ビフォア・アフター的な画像を交えながら、
リアルな現場でのカバン修理がどういったものなのか?
ご紹介したいと思います。

 

修理は見た目だけでなく実用強度も大切

ショルダーバッグ修理

 

 

 

 

 

 

 

ブルガリのショルダー型ポーチ。
革のショルダーが付け根から破損。
力がかかる部分なので、えてして
こういうことがおきてしまいます。

ショルダーバッグ修理

 

 

 

 

 

 

 

 

まずはダメージのある部分を
カットして形を整えます。

ショルダーバッグ修理

 

 

 

 

 

 

革包丁を使って革をつなぐ用意をします。
「漉き」(すき)と呼ばれる作業で、
接合する部分の厚みを調整したり、
この刃物で曲線や直線に革を断ち切る
ことでキレイな形を作るわけです。

ショルダーバッグ修理

 

 

 

 

 

 

カバン本体にストラップを再接合します。
この時、革ストラップの中に極薄のナイロンを
仕込みます。こうすることで革の強度
グ~ンとアップするんです。
修理前以上に実用強度があがります。

ショルダーバッグ修理

 

 

 

 

 

 

ミシンで縫製します。
必ずもともとのミシン目に
そって針穴を拾います。
そうしないと革生地が針穴だらけ
になって強度が落ちるからです。

ショルダーバッグ修理

 

 

 

 

 

 

 

出来上がり。
不自然にならないよう、
しっかり縫い付けてありますね。

カバンのストラップ修理 1,500yen(税込み)~
部位、修理内容により、価格は変わります。

ストラップやカバンの持ち手などは常に力がかかっていますので、
おかしいなと思ったら完全破損するまで使わないで、
修理に出してくださいね。早め修理でコストも安くあがる場合も多いです。

では、また次回!

 

関連記事

最近の記事

山の手緋色舘の宅配修理

カテゴリー

アーカイブ

ページ上部へ戻る